このブログは低脳の人間(?)【う】るとらまん が ロクに更新をしない最強のブログです。
2008/12«│ 2009/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2009/02
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:18:59
えーと上のタイトルはねw

「い~けないんだ~♪いけないんだ~♪」
          の
三河弁バージョンですっ(`・ω・´)

ところでさ、最近PCやってないんだけどさ~
あ、いや、別にパソ禁やられてるわけじゃないんっすよ?

たださぁーやる気が起こらないって言うかさー o

よくてもダンシング☆おにぎりしかやってないって言うかさー or

このままだとPCの友達減っちゃうって言うかさー orz

っていう感じなのですぉ・・・
んで今日の話するけどwオレ塾通ってて先生が3人くらいいるのよね
しかも俺の通ってる塾は少し珍しく
授業で教えてくれるのではなく
何か5教科のワークみたいのもらって、それを自主的に進めていくんですよね^^
もちろんわからんとこがあればセンセーにヒントをもらっていくんです~
んで、3人の先生の中に一人だけ変なのがいて

変先生「ここわかる?」

(^ω^)「大丈夫です」

    ~1分後~

変先生「ここわかる?」

(^ω^;)「だ、大丈夫です」

    ~1分後~

変先生「ここわかる?」

(^^^ω^^^;)「重要な語句にアンダーライン引いてるだけですがw」

    ~1分後~

変先生「ここわかる?」

(^ω^)「あの、この問題教えてくださいw」

変先生「ん~・・・・・。」

(^ω^)「・・・・。」

変先生「ちょっと私もわからないんで待っててねwww」

(^ω^)「おうけwww」

      ~1分後~

(^ω^)「・・・・・・・。」

      ~5分後~

(^ω^;)「・・・・・・・・・・・・。」

      ~10分後~

(;^з^)「♪~」

先生「はい!2時間目終わるぞーーー!」

\(^ω^)/「wwwwwwwwwwwwwww」

と、まぁあの人は何がしたかっただろーね^^;
まぁこの話は終わって次いくけどね
ボーイスカウトでスッゲェ嫌な行事あるの・・・w

~約40キロの道のりを歩け~

いやぁぁぁああああああ!!
マジいやなんだけどwwwww!w
しかもアレだよw

1月24日、午後7時から始めて
       25日の午前10~11時まで歩く

はぁ・・・・・
昔もこの行事あったんだけどね
先輩たちや同い年の隊員は全員早歩きペースで完歩できたのよw
でも俺が班長(一番上)になってから
後輩は運動不足の奴らがたくさんいるから早く終わらせたくてもいちいち休憩を何回も
あげないといけなんだぉwww

ああ、やる前からどんな現状かは浮かぶよw^^;

くそ~GEBEと翔太のとこに入ればよかったぜ・・・
           ↑
※非常にマニアックなネタなので気にしないでいいです。

あ~、あとこれじゃーまだおわらんのだよwwwww!!

~3月4日、中学2年生達がビック ウォーク(42㌔)にチャレンジします!~

う、うわあああぁぁあああぁぁぁぁぁぁああああああ!!!!!!!!
まだまだ先の話だけどやめてくれ!!
うん、マジでwww
でも学校のやつはマシな方だよ。
その日、今日中で終わらせれるから簡単^^

ボーイスカウトはね、深夜をめぐって歩き続けるから眠気と戦いながらゴール目指していくのよ
もうマジう●こ・・・・・

それにしても長い記事になったのぉ

(´・ω・)「誰も読んでくれないのに必死だなwww」
   【う】「俺は誰かが読んでくれることを信じるぜ!」

って感じなのじゃよ。

cdcf_convert_20090123231344.jpg
そいやぁ最近写真撮ってないな^^;

てか撮る気うせたwww
だってさー何か休日の時だけ快晴で雲一つない天気とか
一日中雨で壮大な大空を撮れなくて
よりによって!平日の学校にいる時だけ最高の空のアートが出てるんだよ!?
仕方なく心のシャッターでパシャっと・・・・・
全く世の中ってのは参る事だらけだぜw
スポンサーサイト

23:26:16
今日は寒かったのぉwww寒いのぉwww
この日、体育2時間もあるとか^^;嬉しいような、イヤなような微妙な感じだな(^ω^;)

そんでまぁ、帰った後、絵でも描いてたのね
そしたらウチの父さんがね

「干し柿便器の中に落とした!」


(゚з゚)・・・・・。


(゚д゚)ハァ?
という感じだった
何でトイレに行ってんのに干し柿食ってんの?w
しかもそれ素手で取ったらしい
              おえぇぇええ!!
ちなみにその時描いてた絵をうpしたいところだが
けっこう遅い時間に書いてる記事なんで無理だ・・・・・
CIMG0007_convert_20090119231827.jpg
俺の父さん酔っ払うと人間という行動はしなくなるから気を付けないとな

ふぅ、さて、ブログの変更が落ちてきたぞ!!バンザーイ!バンザーイ!

(.^υ^)「お前って色んな意味でかわいそうな人間だなw」
   【う】「^^;......」

23:45:11
タイトルの通りあのBOSSが風邪をひきましたww
正直やばいです、めちゃくちゃ風邪移そうと努力してますwwwww

だってなんか友達ん家今日遊びに行って、帰ってきた後
お母さんが俺のたたみ忘れた布団に転がって

「ゴホッ!ゴホッ・・・ゴホォォォオオホッホ!!!」
とか、俺の毛布にめっちゃ咳かけてるんですよね^^;
正直もし、明日BOSSウィルス(風邪)に感染してたらどうしようって思うんだが・・・・

あれだな、コレもBOSSの計算された計画なんだよ
自分の苦しみを分け与える気なんだよ

25_convert_20090117233658.jpg

あと言っておきますが、俺は普通の人より少し気管支が弱いそうです(´・ω・`)
だから少しでも菌がある部屋とかだと息が苦しくなったり痰詰まりしたりするそうです・・・w

んまwww俺の家には空気清浄機っていうとっておきのマスィーンがあるからな!

(^ω^)「機械に頼るんですね、わかりますwwwwww」
  【う】「グサっとくるね~」

23:45:52
ふぅ、久しぶりです!皆さん!!(ブログ上ではwww
ブログの存在をガチで忘れてました^^;

そんな感じで今日の一日でしたけどw
ヒマでしたわ・・・・・
昼食は外食、夕食も外食、俺はグルメレポーターかってねw(‘ω‘`)

まぁ、♀BOSS(母親)が大阪に旅行行ってたからしょうがないって面もあるけどーw
それでホントはね、
この日俺のよく通ってるオンラインできるPS2のゲームの動画うpろうとしたんだけどねww
なんか問題が発生してブログに載せれんかったんよ><。

ちくしょーーーーーーーーー!!
母親のばかやろーーーーーーーーーー!!!(八つ当たり

とりあえず、うpできるように頑張るぉ(‘ω^)ミ☆
そんでもってね、いつものやつね、貼りたいとね、思いますね、ねー、(うぜぇ

DSCF4391_convert_20090111233752.jpg

2年前くらいとき、友達だけで遠くの山で登山したときの写真ですw
見る限り山頂とわかってしまいますのぉ~^^
この山の山頂はね!電波塔みたいのがあって、それがこれなんですっ

俺が撮ったと思わせて、実は友人が撮ったものです(^ー^)b
いつもは犬のクソ撮ったりセミの死体撮ってる友人がまさかこんなイイものを撮るとは
夢にも思わなかった一枚ですたwww


あ~、思ったけどなんでトロロご飯って物凄い勢いですぐ飽きるのかね、旨いのに、、、不思議・・・・。


23:08:35
今日は充実した日だったw

まずwボーリングに逝ったんだよ!凄いでしょ?(`・ω・´)(ハイハイワロス

~結果~

CIMG0013_convert_20090104220536[1]

はい、雑魚ですね、糞食らえですね
2G目なんてやる気ゼロでしたからwww

CIMG0014_convert_20090104220748[1]

ふぅ、もっとテクニック上達しなければ・・・w

そしてねぇ!wボーリングのあとは映画wwwwwww
その映画の名前は・・・・・

「Earthが静止する日」

ですぞぉw
なんか、もう少し迫力のある終わり方だと思っていたら
あんがいしょぼいオチだったなwww
これ以上言うとネタバレだから映画の話は終わりw

帰りにアピタに寄って兄がチョロQ買ったんだ。
↓コレが兄の買ったやつ
CIMG0011_convert_20090104220947[1]
CIMG0012_convert_20090104221157[1]
スカイラインGT-Rですねw
そいやぁー最近ジャスコとかイトーヨカドーとかの大型ショップでチョロQ見なくなったんだが
やっぱり売り上げ少ないからか・・・・w
あんなにキュートで可愛くてそしてカッコイイチョロQを買わないとは・・・・
まぁ、今はチョロQのゲームのシリーズもあんま出てないし、Wiiも出てるけどつまらないし。
あーなんてこったい・・・・・
チョロQ好きの俺にはかなりイヤな事だぉ・・・・

ちなみにスカイラインのチョロQかなり多いです

CIMG0016_convert_20090104221421[1]
CIMG0017_convert_20090104221501[1]
コレ全部スカイラインですwwww
こんなにそろってると日産のボディデザイン流れが少しずつくぁって逝くのがうかがえませんか?w
まぁその話はもうよしとして
帰りにあとヤマダデンキにも寄ったんだった^^;w
なんかマイナスイオンを出す機械買うとか言って実際買ったものがコレ↓
plop]_convert_20090104221249[1]


ハイテクのゴミ箱ですか?wwwwww
いや、でも中はそれなり何らかの機械が詰まってからwwおkwww
あとこれでグッスリ眠れるらしいですよ、たぶんw

まぁ、今日は充実した日だった^^
いっぱい金使ったしwwww
普通の記事なのに長くなったしwww
まぁ最後にはやっぱりコレですね(^ω^)
CIMG0007_convert_20090104220224[1]
今日の夕焼けは・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・なんだろうw
・・・・・とてもいいですね~。(うかばねぇのかよ




22:27:59
今日は午前中は何も予定なかったです。
ホントは午後からも予定なしだったんですけど、
友達から電話がかかってきて「ジャス子行かない?」という誘いがきたんすよw
ヒマだったからもちろんその誘いを受け取った。

ジャス子逝っても俺は何も目的はないから正直ココも暇だった・・・^^;
まぁ、それからいつの間にか外が暗くなってたから帰ったんだけど
兄と母がカラオケ行ってきたとか嫌がらせな事言ってきた。

人生ってあれだね、気持ち悪いね。

あぁ、あと家に帰った後
CIMG0046_convert_20090103221451[1]

こんなもん描いた、どう見てもポケモンですねww
右がイーブイで左がブラッキーです^^
本当はイーブイの右にもブースターがいるんだがのぉ
めちゃデブになってしまったから、写さん駆ったぉ(^ω^;)

そして最後にいつものこれw
CIMG2714_convert_20090103222911[1]
今日は空ではありません><
トッチャンごめんね・・・!
この写真はちょっとフォーカスがばくったのか下の部分がおかしいですm(_ _)m

23:22:32
2日連続で行きます^^;
前回のヤツを作ったのち、年越しの挨拶として祖父の家に参ってやってあげましたwww

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・
・・・

この日は昨日の雪山の事件で疲れもあってぐっすり・・・だと思うが一人だけ朝早く起きて
町を走り回っているヤツがいた・・・。

エスニ「朝のドライブいいはやっぱ最高だわw」
  *  「あと、3周回ろ~^^」
浜さん「お前はいつでも元気だな~w^^;」
エスニ「あ!おっさんおはよう!!こんな朝早くどうしちゃったの?」
浜さん「年明けって事だし、自分の故郷に顔向けするつもりさ」
エスニ「俺の行ったとこある田舎町のことだよね?w」
浜さん「もちろん、お前もまた来るか~?」
エスニ「あたりめぇよ!!外を出たくてうずうずしてたとこだ!!」
浜さん「あの二人はいないのか」
エスニ「弟とスカイのことか、あいつらは昨日の疲れでスヤスヤ寝てるよ」
浜さん「無理もないな、んじゃーまた二人で行くかww」
エスニ「おーーー」

CIMG0048_convert_20090102205130[1]

エスニ「ということでまた来ちゃってしまいました~w」
浜さん「今日はただの顔向けだから、あんまり遠くにいけないでなw」
エスニ「(゜Д゜)」
浜さん「いやいやw今度はまた別の面白いとこ行かせてやるから、安心しろって^^;w」
エスニ「わーいわーい」

CIMG0049_convert_20090102205342[1]

浜さん「お~見てみろ、あの時ココを旅行したときに来たあの坂だ(^ω^)」
エスニ「なつかしいのぉwwwなつかしいのぉwww」
浜さん「また登ってみるか?」
エスニ「いや、いいっす(・ω・`;)」
浜さん「珍しいなwまさかこの坂にトラウマでもあるのか?w」
エスニ「いやぁ、べつに・・・そんなの・・・あるわけない・・・じゃんw」
浜さん「じゃーやるかwwwwww」
エスニ「やめろぉおおおお!」
浜さん「わかってるわかってるwんじゃーちょっと迫力のあるとこでもいくか」
エスニ「うわあああああああああああい!うわあああああああい!!」
浜さん「ほんとトラウマになったんだなw(^ω^;)」

CIMG0071_convert_20090102205452[1]

エスニ「うをををををををををを!!高けぇえええよぉぉおおお!!」
浜さん「あの坂の頂上よりさらに上だぞ~w(^~^)」
エスニ「ヤマビコが半端ねぇ・・・マジぱねぇっすwww」
浜さん「昔はこの橋でよく凧(たこ)とかあげたよ」
エスニ「凧!?ww永遠に落つる事ないじゃん!俺もおっさんと同じとこ生まれればよかったw」
浜さん「HAHAHA!うれしいこと言ってくれるじゃないか」

CIMG0069_convert_20090102205531[1]
↑実はあまり高い所が好きじゃないエスニ

エスニ「・・・・・・・(足がww微振動wしとるのぉwww(・ω;´))。」

CIMG0082_convert_20090102205828[1]

浜さん「ココは俺の母さんと父さんが使ってた畑だよ」
エスニ「すげぇ・・・・こんな広いとこよく手入れできてたなww^^;」

CIMG0083_convert_20090102205919[1]

浜さん「今はあの機械が自動で全て手入れしてくれてるから大丈夫なんだ」
エスニ「ド田舎にめちゃハイテクなもんがあるんだなーw」

CIMG0084_convert_20090102210005[1]

エスニ「なんかこっちに来ようとしてるけど・・・・」
浜さん「気のせいだってwありえないよ^^」

CIMG0085_convert_20090102210055[1]

エスニ「やっぱ来てんじゃんwっうぇええwwwww!!」
浜さん「な、なぜだー!俺たちを不審者と間違えてるんじゃないのか!?」
エスニ「どこまでハイテクなんですかwwwとにかく逃げなきゃ死ぬwwww」

CIMG0086_convert_20090102210818[1]

浜さん「くそぉお、どこまでついてくる気だ!」
エスニ「どうにかしてくれよ!おっさん!!・・・・・てか、、、

CIMG0088_convert_20090102210858[1]

エスニ「なにこの映画でありがちなパターンwwww」

浜さん「このまま進めば崖へすってんころりんと・・・・・よし!!いい案が浮かんだぞぉ」
エスニ「だいたいわかるよw落ちるギリギリのところでサイドブレーキ踏んでスピンターンして
                                  あのハイテクな機械を崖に落とすと・・・・w」
浜さん「わかってるなら、さっさと覚悟してやるぞw」

彼らのテクは確かなもので落ちるちょっと手前にサイドブレーキを引いてスピンターンをして
 左右に広がりハイテクな機械を落とせるくらいのスペースを空けた。

そして見事ハイテクな機械を崖に落とした。
CIMG0089_convert_20090102210134[1]

エスニ「あぶネッシー!!」
浜さん「下手すりゃ俺らも落ちてたからな」
エスニ「ところでさー」
浜さん「?」
エスニ「母さんと父さんの畑って言ってたけど、(母さん父さんの)家に行って挨拶はしないの?」
浜さん「・・・・・・・・・。」
 *  「いないから行っても意味ないんだよ・・・・」
エスニ「え・・・?」

CIMG0076_convert_20090102205650[1]

浜さん「俺がまだ若かった頃、一人暮らしを好んで何度もそれを両親に頼んでた・・・」
エスニ「へぇー」
浜さん「もちろん反対されてた・・・元々若者が少ないこの故郷ではそれはこの里を見捨てる
                                        って事と同じようなもんだからな」
*「そのことに気づけなかった若い頃の俺は両親を無理やり説得させた。」
*「親父の「もういいわ!お前なんて何処へでも行ってしまえ!!」と言う言葉が今でも言葉に残って                                                         るよ」
*「その親父の言葉を聞いた瞬間、喜びが満ちてきて荷物を運びとっとこ家を出てった。」
*「何年後かの年明けのとき、時々は顔を見せてやろうと思ってココへ戻ってきてみると
    両親の姿はなくなってた。近所の人に聞いても「いつの間にか居なくなってた」とか言ってた」

CIMG0078_convert_20090102210711[1]

浜さん「それを聞いたとき、何かに気づいたんだな」
    *「後悔って言ったほうがいいんだろうかな」
    *「それからあの事を謝ろうと何回も戻ってきたが両親が帰ってくることはなかった。」
*「すまんwww変な話になってしまったなw」
エスニ「じゃー今日も帰ってきてるかもしれないと思って朝早くからきたと?」
浜さん「まぁ、そういうことだな」
エスニ「感動したwwwwwwwwwwwww」
浜さん「何行ってるんだよwんじゃ、とりあえずコレで帰ろうか、結局何も言わずにココへ来たしまった                                    からあいつらも心配するだろう」
エスニ「そうだなwはよー帰らないとw」

CIMG0091_convert_20090102210942[1]

エスニ「おっさん!見てよあれ!」
浜さん「ん?」
エスニ「俺たちが最初に旅行してきたときに来たデッカイ仏様だぜぇ!」
浜さん「また変な願い事でもすんじゃないだろうなwww」
エスニ「wwwwwwwwwwww」


エスニ「・・・・・・(おっさんとおっさんの両親が会えますように・・・・)。」


CIMG0052_convert_20090102211052[1]
                                         
エスニ「さて!帰ったらまた美味しいエンジンオイル飲ませてくれるかな~~?」
浜さん「やっぱお前そんな願い事かwwww」
エスニ「へっへっへっへっへっへっへっへwwwwww」


~END~

~おまけ~
CIMG0081_convert_20090102205742[1]
エスニ「帰り道にこんなのいたっけ?(゚A゚;)」
浜さん「当分、帰れそうにないな・・・・w」

↓こっからはちょっとした写真集
CIMG0051_convert_20090102211138[1]
CIMG0101_convert_20090102211237[1]
CIMG0103_convert_20090102211320[1]
CIMG0105_convert_20090102211403[1]
CIMG0106_convert_20090102211448[1]
CIMG0109_convert_20090102211528[1]
CIMG0112_convert_20090102211613[1]
~マジでEND~

00:26:20
来ました!スーパー駄作タイム2弾目!!この日は2008年の最後という事で
家の一部を使って雪の山をピクニック?という物語にしていますww
では興味のある人以外どうぞww

CIMG0005_convert_20090101102324[1]

全員「うぇーーーーい!!」
浜さん「皆の待ちに待った続編です!今日はね、、、」
エスニ「俺の弟とダチを連れにきてやったよwww^^^^^」

※黄色い車が「弟」、一番左の車がエスニの友達のスカイ君です。


CIMG0006_convert_20090101202534[1]

浜さん「それで今日はね、俺たちの町より少し遠いスノーマウンテンの登山をしにきた!」
スカイ「登山なら自信ありますよーー!!w」
エスニ「俺が一番に頂点にたってやる・・・」
  弟「にいちゃん、その元気いつまで持つかなwww」
スカイ「ところでなんかゴットハンドみたいのが見えますが・・・・」
浜さん「気にするなw行くぞ」
 全員「おーーー(^ω^)」

※アレは従兄弟のゴットハンドです、撮影中エスニを奪おうとする瞬間の映像です^^;

CIMG0040_convert_20090101204145[1]

エスニ「うぉおおおお!俺の体よりでけぇぇえええ!!」
   弟「あたりまえでしょ・・・・」
スカイ「道に迷わないようにしないとね。」
浜さん「そうだな、あんまりココの道は手入れされてないし、雪があるから雪崩れも考えられる」

~それからいくつか登って休憩したとき~

CIMG0012_convert_20090101202832[1]

エスニ「見てくれぇぇえ!お前たちよおお!
           今から俺が本当の男を見せてやる!まばたきするんじゃねぇぞぉ!!」
浜さん「危ないぞ・・・・やめておけ・・・」
エスニ「おっさんwまさか怖いのか!?w勇気ないな~、まぁ見ておけって!!w」



全員「・・・・・・・・・・・・・。」
全員「^^;」

CIMG0015_convert_20090101202915[1]

   弟「大丈夫?にいちゃん・・・・?」
エスニ「今までありがとう・・・俺・・・男として最高の名誉をはたしたよな・・・?」
スカイ「どこがwwwww?」
エスニ「そうかそうか!そうやってお前はそう言う事を言うのか!」

浜さん「お話中悪いが、みんなちょっと来てくれ!!」

CIMG0024_convert_20090101203249[1]
スカイ「なんだろう・・・この大きな洞窟・・・・・」
  弟「あの坂の裏側がこんな事になってたとは・・・」
エスニ「冒険の臭いwwwwwはよう行ってみようぜwww!」
浜さん「まてまて、一人でとっとこ進むな」

※白い部分の加工は家の所々が見えてしまう位置なので、、、うん、はい、見られたくありませんw

CIMG0022_convert_20090101203212[1]

スカイ「ほぉぉ、、、コレはすごい・・・・!」
エスニ「何があるんだーー?」

CIMG0017_convert_20090101203005[1]
CIMG0018_convert_20090101203045[1]

浜さん「すごい!氷の柱で支えられた洞窟だ!」
   弟「こんな雪山にこんな空間があったなんて・・・・」
エスニ「つええええwwwおめぇらこの事、絶対ほかのヤツらにバラすなよww」
スカイ「そうですね、何か手をつけられるかもしれないし。」

この調子でどんどん奥に進んで行く彼ら・・・・

スカイ「そろそろ戻りましょうよ」
浜さん「だな、登山に復帰しないと」
   弟「ところでみんなココまで来た道覚えてるーー?」

エスニ「いや」

スカイ「いや」

浜さん「いや」

全員「・・・・・・。」

エスニ「まさかの遭難wwww俺涙目wwwwww」
浜さん「まてまて、ここは落ち着けばどうにかなるはずだ、俺について来い・・・・^^;」
 全員「おうけい」

そして・・・・・!

浜さん「光だ!出口だぞ!!」

CIMG0025_convert_20090101203335[1]

エスニ「あの・・・何ですか?これ・・・・?」
   弟「さっき休憩してた場所とかなり変わってるけど・・・・」
スカイ「ホントに遭難したぁ!」
浜さん「まて!まだ探せば出口はあるはずだ!最後まで諦めるな!!」
エスニ「それでホントになかったら俺、100万円捨てるでなwww」
スカイ「その前にそんなにないでしょw」

CIMG0026_convert_20090101203429[1]

スカイ「どこにもないよーーー!!」
エスニ「うわあぁぁぁぁあああああ!!100万円捨てるぅぅ!!」
浜さん「そんなバカな・・・・」

   弟「みんなーーー!また変な洞窟があるよーー!」
エスニ「また洞窟・・・・?もうイヤんなっちゃうわ・・・・」

CIMG0027_convert_20090101203514[1]

スカイ「さっきの洞窟と比べるとめちゃ穴小さいですねー」
浜さん「熊のすみかじゃないのか?出てくる前にさっさと離れるぞ」
エスニ「いやぁぁぁあああ!!クマいやぁぁあああ!!!助けてぇっぇええええ!!!!」
   弟「少しは自重してよwにいちゃん・・・・w」
エスニ「サーセン」

?????「さっきからうるさいのぉ・・・・なんの騒ぎじゃ・・・・」

CIMG0028_convert_20090101203557[1]

浜さん「!!、チョロQですか!?あなた・・・?」
 仙人「当たり前じゃ!そんな失礼なこと聞くではない!この山の仙人じゃ」
スカイ「仙人さん!?また大そうな所に住んでますねー」
 仙人「こうやってわざとチョロ目(人目)に入らない所に住んで修行しておるのじゃ!」

???「おじいさんどうしたの?もしかしてお客さんなのッ!?」

CIMG0029_convert_20090101203641[1]

 仙人「おお、ラン、見ての通り遭難者のようじゃ」
   弟「なぜ遭難者とわかったww」
 仙人「お前らのフロントガラス(顔)にそう書いてあるわい」
  ラン「まぁ、とりあえず久しぶりのお客さんだし!あがってよ!^^暖かいエンジンオイルもあるし!」
エスニ「遠慮なくwww入場させていただくぜwwww」

CIMG0039_convert_20090101204107[1]

スカイ「意外と中は広いですな~~♪」
 ラン「でしょッ!早くこっちきて!」

ついてきてみたら、そこには四角形状の空間があり真ん中に変なもんが置いてあった。

CIMG0044_convert_20090101204339[1]

   ラン「ほらほら!暖かいオイルあるからどんどん飲んでって!」
  仙人「ラン!、まだどうゆうヤツかはっきりしてない者達をかってにワシの家に呼び込むな!」
   ラン「ごめんなさい・・・だって久しぶりのお客さんだもん・・・つい・・・。」
 浜さん「いやいやwwでも悪い者達じゃないですから安心してください^^;」
  仙人「だといいがな」
  スカイ「ところでランさんは何でこんな場所で仙人さんと暮らしてるんですか?」
  仙人「ああ、ランはな・・・お前たちと同じ様に昔遭難したんだ」
   * 「修行の途中誰かが倒れているのを見つけ見ると寒さで意識を失っていたランだったのじゃ」
   ラン「それで気がついたらココにいたってわけなのーw」
 エスニ「え?もとの町に戻らないの?w」
   ラン「助けてくれたんだから、コレからもずっとおじいさんの手助けするつもりよw」
  仙人「ワシからは元いる場所に帰れと何回も言っておるのじゃがのぉ」
   ラン「またそれ~何回言ってもムダだからねっ!」
 浜さん「んで、ほんとはランさんは何処に住んでたんです?」
   ラン「あー確かフンニャラシティって言うんですけど知ってますー?」
    弟「え!?それって僕たちと同じ町に住んでるんじゃないですか!!!」
   ラン「へぇ!そうなんだー!意外ね~ww」
  仙人「ラン!今こそ故郷の帰るべきだ!」
   ラン「イヤったらイヤ!!」
 エスニ「と り あ え ず 帰 り 道 教 え て く れ」
   ラン「ああwゴメンゴメンww準備できたら行くからね!w」

~数分後~

 ラン「みんなOKっねー?w」
全員「b 」
 仙人「心配じゃからワシも行く、この山の様子も最近おかしいしのぉ」

CIMG0030_convert_20090101203725[1]

ラン「デコボコしてるからアゴぶたないように気をつけてね!」

そのとき

ゴゴゴゴゴゴゴオッゴゴゴゴゴゴォォオオ!!

という物音が聞こえ、
     その音は除々に大きくなっていった。

 仙人「やはりきたか・・・・」

CIMG0031_convert_20090101203809[1]

全員「な、なだれだぁぁぁあーー!!」

 ラン「みんな走ってッ!!!」
エスニ「おまwwwwもしwwこれで助かったらwPS3買ってやるわ!www」
浜さん「そんな事いまはどーだっていい!!!」
   弟「わーーーい!!PS3だぁぁ!!」
スカイ「気を取り戻せwww弟さんwww」

 ラン「山の出口はすぐそこよ!急いで!!」
 全員「うおおおおおお」

そして山の出口を猛ダッシュで抜けた。

エスニ「ッ!!!助かった!」
 
だが、一人だけ出口の前で立ち止まるチョロQがいた・・・
それは仙人の姿だ。

CIMG0043_convert_20090101204303[1]

 ラン「おじいさん!!何やってるんですか!早くこっちに非難してください!」
仙人「ワシは仙人としてこの山を離れることはできん。」
  * 「この山とワシは常に一体なんじゃ!」
 ラン「そんなのイヤです!!おじいさんにもっと恩を返したいです!!!」

ランは仙人を山から引っ張り出そうとしたが、
       もう手遅れだった・・・・・・・・。

CIMG0033_convert_20090101203902[1]

 

 仙人「ラン・・・もういいんじゃよ、お前は十分やってくれた・・・ありがとう・・・・。」



CIMG0036_convert_20090101203946[1]

 ラン「おじさぁぁぁぁぁあああん!!!!」

回りはランの泣き声だけでしか聞こえなかった。
  さすがのエスニもこれには黙っていた・・・・・。

  ラン「なんでなの・・・なんでなの!?・・・・。」

浜さん「仙人としてのプライドというものなんだな・・・・」
  ラン「そんなプライドのために何で死なないとダメなの!」

エスニ「ぁぁ、てか仙人死んでないんじゃない?・・・・w」
  ラン「ぇ?」
エスニ「だってこの山と仙人は一体なんだろ?死んだわけじゃないだろう?」
  ラン「うん・・・・・。」
浜さん「そうだ、今だって見守ってくれてるかもしれないだろ?・・・・」
 ラン「・・・・・・うん。」
スカイ「ひとまず仙人さんのためにも故郷に帰ってやってあげましょうよ^^」
 ラン「そうだねw」

CIMG0037_convert_20090101204026[1]


~END~









はい、今日は無理なストーリーでしたw
たたみ3畳くらいだけのスペースで物語をうまく作るのは無理ですwww
けっきょく家の中で良い物語を作るなんて無理ですw

てか、今日は顔文字はめんどいで、使わなかったぉw
なんていうか、文字が第1回目と比べるとかなり多くなってるしw(^ω^;)

やっぱね、登場人物が多すぎてもダメなんだな~

まぁ、そこらへんよく考えておきますかな。

伝言板
―入場者数―
目指すは10000ヒット!(黙れ
プロフィール

【う】るとらまん

Author:【う】るとらまん
何年  中学2
何歳    14歳
好きな物 エロ本
嫌いな物 勉強

基本的にには【う】と呼んでください><ヨロシクねw

ちなみにSkypeID usagitou88  

現在の時刻
―今日も時計は孤独に―
―変わらぬ日々に時を刻む―
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグそ検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。