このブログは低脳の人間(?)【う】るとらまん が ロクに更新をしない最強のブログです。
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:04:10
今日は祖父の家にいってきだぜー!
いえーーーーーい!
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・
・・


ある時、2台のチョロQが旅行をしてきた話。
CIMG0038_convert_20081214172821[1]

エスニ「うぉぉぉぉお!ほとけ様でけぇぇぇえ!!」
浜さん「そうだな、いつに立ってもこの輝きは変わらない。」
エスニ「えっと!ちょー旨いエンジンオイルが飲みたいです!」
浜さん「そんな願いかなえてくれるかー?w」

右のチョロQはエスニと呼び、S2000(右の車)で、浜さんは左のハマーH2(左の車)である。
年の差は大きいが仲良い二人である、
浜さんはちなみにココが故郷であるのでこの地域をよく知っているんだ。

エスニ「おっさん!見てよこれ!楽しそうだよ!?」
浜さん「ん?なんだって?wって・・・・おい・・・」

CIMG0040_convert_20081214174256[1]

エスニ「せっかく旅行に来たんだから、この変な坂で遊ぼーぜ?」
浜さん「この坂でどうやって遊ぶんだよwww」
エスニ「この二人で誰が一番にこの坂登りきれるかを競争するだけだって!w(`・ω・´)」
浜さん「ん~まぁ、朝飯前にはちょうどいいな」

CIMG0041_convert_20081214174348[1]

エスニ「うぉぉぉぉおおお!負けねぇっぇぇええぞぉぉ!」
浜さん「そんな調子でいったらもたんぞぉ~^^;」

そして・・・・!

CIMG0039_convert_20081214174155[1]

エスニ「ハァ・・・ハァ・・・ちょwwおまw早えええよぉ・・・・w」
浜さん「だから最初に言ったろ!ww」

CIMG0042_convert_20081214174439[1]

エスニ「それにしてもイイ天気やなーーー!!(゜∀゜)」
浜さん「ああ、冬ってのになかなか暖かいぞぉ」
エスニ「もぅ少し外に出てみようぜ!おっさんココ詳しいんだろ?」
浜さん「うむ、俺の故郷だしな。ついて来いよ」
エスニ「ぃぇいw」

CIMG0044_convert_20081214174522[1]

エスニ「うおw眩しい・・・俺のハンサムな姿がもっと美しくみえるだろう!」
浜さん「はいはい、てかそんな無茶すんなよ~^^;」
 *  「そうだ、エスニ。俺のオヤジが昔働いてたとこがあるんだよ、お前も見に来いよw」
エスニ「マジ!?おっさんのオヤジが働いてたとこ!?w行くわ行くわ~(・w・*)」

CIMG0050_convert_20081214174623[1]

エスニ「ここがおっさんのオヤジが働いてたとこ・・・?」
浜さん「その通り。」
エスニ「えwwwちょwwwただの廃墟じゃん!www><」
浜さん「昔はここら辺は栄えていてね、けっこうチョロQが働き、住んでいたんだ。」
 *  「今では無法地帯で町の住人も少なくなったよ」
エスニ「へぇ~(´ω`)」
※チョロQの中でのストーリーです。

CIMG0054_convert_20081214174927[1]

浜さん「ふぅ、ここらで少し休もう」
エスニ「おっさんー」
浜さん「ん」
エスニ「なんかあっちに崖みたいなのがあるよw行って来るわw^^」
浜さん「おい!危ないぞ!」

エスニ「わーいわーい」
浜さん「・・・・・、(もう行ってるし・・・)。」

CIMG0053_convert_20081214174829[1]

エスニ「うわ!高けぇ・・・落ちたら、ひとたまりも無さそうだな~」
 *  「てか、画像の右に写ってる魔獣みたいのなによw;;」
浜さん「その話はやめろ、裏話と同じだ(`~´;)」
エスニ「サーセンw」
浜さん「つかwwあぶねぇから早く戻って来い;」
エスニ「は~い(・・`;)」

※写ってるのは兄と雑種の犬のチェリーたんですw♀だぉw('ω`*)
更に※♀は兄じゃなくてチェリーたんの事だからねッ!

CIMG0056_convert_20081214175018[1]

エスニ「あ、何かあっち側にもあるよ、しかもドコにも行く道ないし・・・w」
浜さん「あれの事か、確か本当は一本の大きな吊り橋があったはずなんだ」
エスニ「その吊り橋が唯一行ける道だったってこと?」
浜さん「ソソ、いつしかしない内に落ちちまったんだな」
エスニ「ええ~行きてぇよ~(`n´)」
浜さん「こっから落ちれば簡単に行けるよ?」
エスニ「すいません、諦めますw」
浜さん「wwwwww、冗談だってwんじゃ、他行くか!」
エスニ「りょーかい "<(^q^)」

CIMG0059_convert_20081214175115[1]

浜さん「ここの通りはいつもキレイだ~(^n^+)」
エスニ「そうっすねーw秋くらいに行けばもっとキレイじゃなかったんすか~?w」
浜さん「そうだが、冬の木々を見て楽しむのも悪くないだろう~」
エスニ「それっていいわけ?www」
浜さん「少し黙ってくれ・・・」

CIMG0060_convert_20081214175210[1]

エスニ「道長くね?」
浜さん「まだまだだぞ!^^」
エスニ「えぇ・・・そんなぁ。。。」
浜さん「お前はまだ若いんだから行けるだろ?」
エスニ「そりゃそうだけど・・・・」
浜さん「キャー!エスニさんカッコイイし速いわ~♪(裏声)」
エスニ「うおぉ!何か誰が言ったのかわからんけどw気合入ってきたぞー!(゜∀゜)」
浜さん「バカだな・・・・こいつw・・・」
エスニ「あ!おっさん聞きたいことあった!」
浜さん「なんだ?」
エスニ「よく見たら緑の人間が立ってる様にみえるんだけどww」
浜さん「・・・・・裏話だ・・・エスニ・・・」
エスニ「ごめんwwwm(_ _)m」

※まぁ緑の人は兄です、チェリーたんも連れて散歩なんですよ~♪

CIMG0061_convert_20081214175315[1]

浜さん「ついたぞw」
エスニ「ほんとぉ~?('A`;)」
 *  「・・・・・・・え?」
浜さん「どうした?」
 *  「俺はこんな鳥居のために頑張ってたのw?(・ω・`)」
浜さん「まぁ、そうなるな^^;」
 *  「うわああああああああああああ!!!!(`A´)」
浜さん「落ち着け!落ち着くんだ!」
 * 「ここでは俺がガキのとき、よく友達とここらでキモダメシとかしてたよ」
 *  「この鳥居をぐくって行けば山を登っていくようになってて神社がるのさ」
エスニ「それで、、そこを登っていくとか言わないでよ・・・?(・ω・‘;)」
浜さん「登ろうと考えたがお前があまりにも疲れてるみたいだし、やめるよw」
エスニ「やったあああああああああ!!!!!!!!(゜∀゜)」
浜さん「おまwwwめっちゃ元気やんwwwでもその代わり別の道いくからw」
エスニ「ほーい」

CIMG0062_convert_20081214175356[1]

エスニ「なにここぉぉぉぉぉぉお!!広すぎるんですけどぉぉぉぉぉ!(゜o゜)」
 *  「こんど又、来たらドリフト仲間も連れて遊びにこよーw」
浜さん「www、それは名案だなw」
エスニ「え?おっさんもドリ(フト)できるの!?」
浜さん「え、えぇ・・・ぇえ・・・wまぁ・・・ww(できるなんて言ってねぇよ)」
エスニ「みせて!みせて!」
浜さん「・・・・・・・」
エスニ「ゴクリ・・・・」
浜さん「はぁーーーー!」

キッキキィィィィィィイイイ!!!(タイヤが滑る音)

エスニ「おっさん!」
浜さん「どうだ!?」
エスニ「た だ の ス ピ ン だ よ」
浜さん「すいません、ホントはできませんw」

空気は住んでいるこの地域は空もきれいだ。
CIMG0066_convert_20081214175510[1]
CIMG0067_convert_20081214175653[1]

浜さん「エスニ・・・空を見てみろ・・・・とても綺麗だな・・・」
エスニ「そっか?どこでも見れそーな空じゃんw」
浜さん「お前はわかってないな~;;」
エスニ「えぇw何が~ww」
浜さん「お前も大人になればアノ綺麗さがわかるよ」
エスニ「ん・・・・うんw;;」

CIMG0071_convert_20081214175752[1]
CIMG0076_convert_20081214175832[1]
チェリーたんは相変わらずカワエエです///(´∀`*)

CIMG0078_convert_20081214175918[1]


        「そろそろ帰ろっか。」
      
             「うん・・・・・。」


 
帰るときも行ってきた道をジョギングし、帰ってった・・・・

エスニ「ふぅ、まぁ無事、戻ってきたわけですね^^」
浜さん「ねw」
 ?  「お前達、ずいぶんお疲れのようだな(゜~゜)」
二人共「ちょwwwwwwwおまwwwwww」

CIMG0079_convert_20081214180003[1]

トラック「何か不満でもあるのか?」
二人共「いいえ^^;」
トラック「君たちは運がいいな」
 *  「私はチョロQの神なのだよ」
エスニ「ウソつけwwwww」
浜さん「ありえねぇよwwww!」
エスニ「どっちかって言うとトミカの神だろ!w」
トラック「あ、間違えた、俺トミカの神だったんやわ!(´・ω・`)」
浜さん「どっちでもいいわwww」
エスニ「神様、変な柱みたいな棒じゃまそうだねwwwww」
トラック「るせぇなww気にすんあwww」
浜さん「・・・・www(いちお、写真にとっておこw)。」

CIMG0082_convert_20081214180103[1]

浜さん「夕日がキレイだ~」
エスニ「そうだね~」
浜さん「おまww夕日のキレイ差はわかるのかよw!」
エスニ「まぁね^^^^^^^」

二人は夕日に背を向け自分の街へと帰っていった・・・・


エスニ「ふぅ~やっと戻ってこれたぞぉ~~我が国よーー!」
浜さん「またOVERなwwww」
 ?  「おかえり!兄ちゃん!!」

CIMG0085_convert_20081214174004[1]

エスニ「弟者!!しかも皆まで!!w」
 弟  「早く帰ってこなかったから皆で待ってんだよ(^~^)」
エスニ「ほぉwなるほどねw」
浜さん「皆、ありがとなw!せっかくこんだけ集まったんだから俺ん家来いよ!」
 *  「とっておきの激旨エンジンオイル飲ませたるよw」
 皆  「わーーーーい!!」
浜さん「んじゃ!俺の家まで競争な!!」
エスニ「負けねぇぞ!!(ほとけ様・・・・願いかなえてくれてありがとな・・・)。」


この日、二人は最高の旅行をおくっただろう・・・


CIMG0088_convert_20081214210618[1]



長文すいませんでしたwwwm(_ _)m
最近変更してなかったからスペシャルなんてしちゃいました!
ときどきこうゆうのも悪くないですね!
まぁw平和な日が続くことを祈ってますww
スポンサーサイト


コメント
書籍化希望
お世辞抜きで、物スゴーーーーく良かった!!!
景色が美しくて癒されます。ほんと空気がおいしそう。
空も最高で、つい保存してしまいました。
ストーリーも面白いし、お兄様(♀)やチェリーたんや、神さえ登場www
チョロQが最後にいっぱい出てきたときは感動すら覚えました。
変な坂もすごかった。立派なお家!!
ぜひまた長編希望です^^

【と】│URL│2008/12/15(Mon)14:31:25│ 編集
Re: 書籍化希望
> お世辞抜きで、物スゴーーーーく良かった!!!
> 景色が美しくて癒されます。ほんと空気がおいしそう。
> 空も最高で、つい保存してしまいました。
> ストーリーも面白いし、お兄様(♀)やチェリーたんや、神さえ登場www
> チョロQが最後にいっぱい出てきたときは感動すら覚えました。
> 変な坂もすごかった。立派なお家!!
> ぜひまた長編希望です。
>
> 空気は 住んでいる は、澄んでいる では?

>どうもw今まで返信をコメントでしていた【う】ですw
 トッチャンありがたいお言葉感謝です!(`・ω・´)

長編かぁーw気があればまたやりたいです^^
ちなみに変な坂の事だけど、あれは滑り台ですwしってると思いますがw

空気が住んでると澄んでるって、どっちが正しいのか忘れてしまってw^^;
結局、間違ってしまったというworz


【う】るとらまん│URL│2008/12/15(Mon)18:16:19│ 編集
No title
田舎いいなー!
僕、北海道に住んでてこういう田舎
言ったことないからすごい裏山(*゚∀゚*)

時雨│URL│2008/12/20(Sat)00:14:26│ 編集
No title
北海道いってみたいなぁ~w
寒そうだけど、YOSAKOI祭りとかあるじゃん!
一度はホント行ってみたいよ・・・w(-ω-`)

【う】るとらまん│URL│2008/12/20(Sat)12:49:07│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://paparatti383.blog24.fc2.com/tb.php/16-9cd54080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
伝言板
―入場者数―
目指すは10000ヒット!(黙れ
プロフィール

【う】るとらまん

Author:【う】るとらまん
何年  中学2
何歳    14歳
好きな物 エロ本
嫌いな物 勉強

基本的にには【う】と呼んでください><ヨロシクねw

ちなみにSkypeID usagitou88  

現在の時刻
―今日も時計は孤独に―
―変わらぬ日々に時を刻む―
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグそ検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。